業務用にはこんな強みが

食器の数を揃えたい時便利

食器

飲食店の開業では、お客様に料理を出す際に用いる食器を揃える必要があります。
食器は一つだけ取るとそれほど高くはありませんが、飲食店用に数を揃えるとなるとかなりの出費となってしまいます。
経費を少しでも抑えるには、業務用食器の活用がおすすめです。
業務用食器は市販の食器よりも割安な価格で提供されていて、多く購入した時にとてもお得です。
しかも業務用食器を扱っているお店は大量購入に対して割引率を上げてくれるため、さらに安く仕入れることができます。
お金がかかる開業時には、ぜひ活用したいサービスの一つです。
他にも業務用食器を利用するメリットはあります。
飲食店で用いるのに適した、シンプルな食器を手に入れやすい点です。
通常の食器はデザイン性を重視したものが多く、見た目はいいものの使いづらかったり洗う手間が増えることがあります。
その点、業務用食器ならシンプルなデザインですから、どなたにも食べやすい食器を提供できる上、洗浄もしやすく時短にもつながります。
様々な人が訪れる飲食店では、何らかの手違いで食器を落としてしまうことがよくあります。
この時に通常の食器ではすぐに割れてしまい、破片で怪我をさせてしまう恐れもあります。
多くのお客様がいる状態でも安心して食べてもらうには、衝撃などに強い業務用食器が最適です。
特にメラミンを使った食器は耐衝撃性に優れていて、お子様が多少乱暴に扱っても破損することがありません。
この丈夫さのおかげで食器を洗うのも楽になり、忙しい時間帯でも回転率を上げるのに役立ちます。

検討すべきポイント

食器

業務用食器選びにおいて、デザインは大きなカギを握ります。
食器は、ただ料理を入れる道具ではありません。
それ自体が、料理を引き立てる重要な役割を持つアイテムです。
見た目により、食卓や料理そのものの印象は大きく変わるものです。
温かい料理であれば、全体的に温もりのある色合い、逆に冷たい料理であれば、清涼感あふれるクリアな器などが考えられるでしょう。
メニューによりどんな業務用食器を使えば、おいしく見えるか、ふさわしいかを十分に検討すべきと言えます。
また、付加された機能性も業務用食器を選ぶ際は、ポイントとなることが少なくありません。
使うシーンによっては、特定の機能性を持った業務用食器が求められることもあります。
例えば、電子レンジやオーブンなどでの加熱を考えている場合は、高温にも耐えられる耐熱容器が選択肢となります。
食器洗浄機を使いたいケースでは、食洗器対応のものを選ぶ必要があるでしょう。
さらに、収納のことも考慮することが大切です。
スペースには限りがあり、収納空間を十分に確保できないケースも多くあります。
そんな時は、上に積み重ねができるタイプの業務用食器を探しましょう。
こうすることで、限られたスペースを有効活用して、すっきり収納しておくことができます。
スペースのサイズを伝達すれば、その条件に合った、積み重ね可能な業務用食器を提案してくれる業者も多いです。
収納に悩んでいる場合は、ぜひ相談してみましょう。

インターネットで注文可能

食器

カフェやレストラン・ラーメン店・居酒屋といった飲食店は商品の在庫を持つ必要がなく、小売店よりも少ない資金で開業できることから人気を集めています。
飲食店の開業時に購入が必要となるのは、食材を別にすればテーブルや椅子などの備品と厨房機器・食器類が中心です。
中でも食器は1点1点の価格が安いため開業資金にそれほど影響を与えないように思われがちですが、メニューに合わせた食器を想定される客数の分だけ用意する必要があります。
食器を扱う一般の販売店から購入した場合は予想以上の費用がかかることから、業務用食器を扱う専門業者を利用してまとめ買いするのが一般的です。
業務用食器を販売している専門業者では、さまざまなタイプのグラス類からカップや洋皿などの洋食器ばかりでなく、丼や小鉢なども含めた和食器・中華食器まで扱っています。
いずれも余分な流通コストをカットした販売方式と大量仕入れで商品の単価を下げることに成功しており、一般の販売店よりも安く買える点が業務用食器のメリットです。
スナックやバーなどお酒を提供する店を開業する場合でも、ビールジョッキやワイングラス・カクテルグラスといった多彩な種類のグラスを選ぶことができます。
洋皿や和風食器にも多くの種類があり、一般の販売店では売られていない特殊なタイプの食器も購入可能です。
このような業務用食器を取り扱う専門業者の中にも、最近はインターネットを利用して手軽に注文できるところが増えてきました。
多種多様な業務用食器が業者のサイトで紹介されており、一般の通販サイトと同様にショッピングカートシステムを通じて注文手続きを進めることができます。
飲食店の開業時には食器の購入以外にも多くの準備作業に追われるため、食器選びにはそれほど時間をかけられないものです。
インターネットを利用して業務用食器を注文すれば手続きが簡単に済みますので、開店準備にも余裕を持つことができます。

大手チェーンを活用する

店員

飲食店経営を考えているのなら、全国チェーン店で修行をしてみましょう。そこから独立開業できることがあります。もしくはフランチャイズ経営を推進しているお店に応募したり、経営者無料セミナーに参加したりするのも近道です。

もっと読む

お店を始める準備

バリスタ

カフェを開業するのであれば、基本的な知識を専門学校で身に付けましょう。何も知らないままだと、時間ばかりが経過してしまうからです。複数の専門学校がある場合にはオープンキャンパスに参加して自分の性格にあうかを確認してください。

もっと読む

飲食店を始めるには

店舗

飲食店をはじめる際に必要なのが什器で、その中でも数を揃えなければならないのが食器類です。食器類は業務用食器であれば、数を多く揃えることができますし、またさまざまなデザインのものを用意することができます。

もっと読む