大手チェーンを活用する

独立しやすい

店員

将来的には自分の飲食店を持ちたいというのなら、まず、修行をしましょう。
飲食店経営の近道としては、大手飲食チェーン店に勤めることです。
人気の全国チェーンラーメン店などに勤めると、そこで修行をしつつ、独立開業できるようにいろいろと教えてもらえることがあります。
もちろん、最初から飲食店経営が目的だというとことをスタッフに話して採用してもらいましょう。
そうではないと、採用する側としても育て方が異なってくるからです。
独立開業を目指している人にはラーメンづくりだけではなく、経営者として勉強もしてもらわなくてはならないからです。
もちろん、飲食店経営といってもいろいろなジャンルがあります。
ファミレスや洋食屋、寿司屋というように、ジャンルが決まっているのならそのジャンルのお店を探してみましょう。
また、全国チェーン店ではなくても、飲食店経営者を育成しているお店があれば、それに越したことはありません。
インターネットを使って調べてみることをお勧めします。
飲食店の求人情報にフランチャイズ店などの情報が載っていれば、独立開業も夢ではありません。
一方、作る側よりも単純に経営者になりたいというのなら、経営者無料セミナーなどに参加してみましょう。
経営に関する知識を身につけられるだけではなく、経営への人脈などもできるかもしれないからです。
独立開業しやすい方法を選択することが大切です。
それから、資金繰りの相談なども育成をしてくれる店舗では行ってくれることがあります。

立地を考慮する

ウェイトレス

飲食店を経営しようとする場合、まず重要視しなければならないのは立地環境です。
顧客が立ち寄ってくれる場所を考慮して飲食店の店舗探しを行う事が大事なポイントになります。
店の雰囲気や取り扱う内容によってもこの立地は重要な要素を占めています。
飲食店の経営は、収益を拡大し続けることが大事です。
薄利多売の時代では、安く品質の良い商品を顧客に提供しなければなりません。
そのためより多くの顧客を抱えることが大事なポイントなのです。
飲食店の経営は、自分の店に許容できる顧客数と見合わせた経営プランが必要になります。
平均来店時間なども考慮して回転率を計算し、一時間当たり最大何人までの顧客を収容することができるのかが最大値となります。
もちろん時間帯によっては顧客数が減少することも考慮する為、毎日最大値をとり続けることは不可能ですが、これに近づける工夫が必要になります。
最大値を超える想定はすでに机上の空論になってしまうので、現実的な予測を立てることが大切です。
また仕入れなどのコストは変動するのが飲食店の特徴であり、経営の難しい点でもあります。
仕入れコストをいかに平均化させるかがポイントになります。
仕入れの業者の選別や、回数などを変更するなどの工夫を行うことで、経営改善を行う事ができます。
スタッフを雇用している場合、スタッフの調整は最後の手段です。
店の経営をできるところから考えたうえで最後に人件費について考慮することが最も効率的な経営判断なのです。

俯瞰してみることが大事

店員と客

飲食店の経営改善は簡単ではありません。
特に自分の店の調理などを行いながら経営改善に着手することは、とても難しいとされています。
しかし一日の売上や仕入れに関するデータをしっかりと把握するだけでも経営改善に関するヒントを見つけることができます。
忙しい飲食店の一日で収益について向き合う時間は、あまりありません。
POSシステムなどを導入して収益に関するデータ取得までは自動で行わせるなど向き合う時間を作ることが先決になります。
飲食店の経営改善では一番コストの高いとされる人件費などに目が向きがちになります。
しかしスタッフの数を一気に減少させると非効率になってしまう事が多く、悪循環になる可能性もあります。
家賃や水道光熱費などと同様に固定費計上させ、変動費の中で削減できるものがないかを確認することが最も大事なポイントになります。
顧客に対する効率化も課題の一つです。
例えば回転率です。
回転率が低いうえに客単価が低い場合だと、収益に影響が出てしまいます。
そのため、回転率を上げるか、単価を伸ばすかがポイントになります。
ドリンクを格安で提供するだけでも収益につながります。
ちょっとしたアイデアがヒントになり収益を改善させることにつながるケースも少なくないのです。
飲食店では無駄が多いケースがあります。
客席の配置なども含めて全体的に俯瞰してみることが経営の基本です。
毎日の調理などに追われていては経営改善ポイントを見逃しがちになってしまいます。
しかし、計画を立てて経営改善を行なっていくと、経営が安定して飲食店を成功させることができます。

大手チェーンを活用する

店員

飲食店経営を考えているのなら、全国チェーン店で修行をしてみましょう。そこから独立開業できることがあります。もしくはフランチャイズ経営を推進しているお店に応募したり、経営者無料セミナーに参加したりするのも近道です。

もっと読む

お店を始める準備

バリスタ

カフェを開業するのであれば、基本的な知識を専門学校で身に付けましょう。何も知らないままだと、時間ばかりが経過してしまうからです。複数の専門学校がある場合にはオープンキャンパスに参加して自分の性格にあうかを確認してください。

もっと読む

飲食店を始めるには

店舗

飲食店をはじめる際に必要なのが什器で、その中でも数を揃えなければならないのが食器類です。食器類は業務用食器であれば、数を多く揃えることができますし、またさまざまなデザインのものを用意することができます。

もっと読む